講演集

『横浜 港北の地名と文化』平成21年3月刊

1 地名の魅力                                       金子欣三

2 中世の名残をとどめる 故郷の地名 -小机、新羽、吉田を訪ねて-   相澤雅雄

3 『新編武蔵風土記稿』の世界 -港北区域の地名を中心に-        松澤常男

4 江戸時代から明治の港北の地名と暮らし                    西川武臣

5 昭和前期・港北の土地模様 -出版物が語る記憶-             久野淳一

6 座談会「港北の地名と文化」                            港北地名を調べる会



『横浜 港北の自然と文化』 平成18年5月刊

第1部 水と共に

1 鶴見川流域の暮らしと自然 -危機から希望へ-  岸由二

2 温泉の自然と文化 -神奈川県綱島温泉について-  大山正雄

3 鶴見川流域の幕末・維新  平野正裕

第2部 森と生活

1 武士団「綴(都筑)党」を追う -中世の多摩丘陵に生きた武士たち-  飯森富夫

2 身近な自然 ~里山と私たちの暮らし  吉武美保子

3 社寺林保護のエコロジーと精神環境  川瀬博


『武道精神とスポーツ精神(下)』 平成17年3月刊

1 遊びとスポーツ-遊戯行動の変遷と現代っ子の心と体-  斎藤昇

2 日本における弓矢の文化について  入江康平

3 私のスポーツ観-箱根駅伝を通して-  横溝三郎

4 「かるた道」とは何か-競技かるたの魅力-  渡邊令恵

5 日本のたまごころ-蹴鞠から野球まで-  渡辺融


『武道精神とスポーツ精神(上)』 平成15年7月刊

1 国技相撲と横浜  伊藤八郎

2 武道文化に見る日本人の技術観  入江康平

3 近代武道と嘉納治五郎  藤堂良明

4 人馬一体で歩むつわものの道  村井文彦

5 テニスことはじめ物語-欧米スポーツの受容と変容-  鳴海正泰

6 芝生とスポーツ-日本人の芝生文化-  柴田智之

7 刀剣観にみる日本人の精神性  酒井利信


『横浜の教育と文化』 平成15年3月刊

1 開港当時の横浜の学校  田村茂

2 消えた学校-高島学校と福沢諭吉-  米山光儀

3 女子教育の源-横浜のミッション・スクール-  小玉敏子

4 横浜の実業学校-Y校を中心として-  田村泰治

5 歌僧弁玉と開港地横浜の歌  塩野崎宏


『港北の歴史散策』 平成15年3月刊

1 原始人の食物-食物からみた集落立地-  大塚文夫

2 古道を歩いて-鎌倉道と小机周辺-  勝田五郎

3 近代の日吉-旧海軍日吉台地下壕の話を中心として-  寺田貞治

補論 港北の歴史と文化-シリーズ わがまち港北-  平井誠二