大倉邦彦と佐賀 ②

大倉精神文化研究所の創立者・大倉邦彦は、明治15年(1882)4月9日、素封家の江原(えはら)貞晴の次男として、佐賀県神埼郡(現佐賀県神埼市)に生まれました。旧制の佐賀県立佐賀中学校を卒業した後(詳しくは「大倉邦彦と佐賀①」)、明治36年(1903)に上海の東亜同文書院に進学しました。

 

その後大倉洋紙店に入社し、主に東京で暮らすようになりましたが、故郷とのつながりを生涯大切にしました。ここでは邦彦と佐賀、特に神埼との関係を、当研究所が所蔵する沿革史資料を用いて紹介していきます。

 

「大倉邦彦氏表彰碑」(佐賀県神埼市神埼町姉川)☞


④ 農村工芸学院 (のちに国民家政学園と改称)

大倉邦彦は、昭和3年(1928)1月、デンマークの国民高等学校をモデルに、郷里の神埼に女性を対象とした学校を設立します。女性が精神的かつ経済的に自立することが農村の振興に、ひいては社会の発展につながると考えたからです。

 


農村工芸学院 校舎全景

昭和3年(1928)頃

沿革史資料6878

 

大倉邦彦は院主となり、度々帰郷して学院に足を運んでいましたが、大倉精神文化研究所の開設にともなって多忙となり、昭和8年(1933)学院経営から手を引かざるを得なくなりました。

 

その後は、実兄で院長であった江原貞一が単独で経営しましたが、諸事情により昭和13年(1938)3月に廃校となりました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

昭和4年第2期 農村工芸学院 卒業写真

昭和4年(1929)7月

沿革史資料8214-14

 

後列左から、江原英興(実兄・貞一の長男)、大倉邦彦、江原貞一(実兄)。


修学期間は1年で、定員は30名とされていましたが、実際の卒業生は10名以下であったようです。


寄宿舎があり、生徒たちは寝食をともにして日々を過ごしました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

農村工芸学院 技能実習

沿革史資料6811

昭和7年度『私の使命事業』より

生徒が作製した作品

沿革史資料8214-43

 

学院では、正しい人生観をもつことができるよう、静坐や瞑想祈願などの精神修養の時間を設けるとともに、自力で生計がたてられる技能を身につけるべく、技芸(刺繍・編物)農作業などの実用教育が施されました。


生徒が製作した作品は、大倉邦彦が東京や大阪の商店と交渉して特約し、直接市場に送り出されていました。

 



⑤ 佐賀県立神埼農学校(現 佐賀県立神埼清明高等学校)

 

神埼では、地元の名士らによって、大正2年(1913)4月、神埼郡地主立農産学校が創立されました。その後、大正12年(1923)4月に県へ移管され、校名も「佐賀県立神埼農学校」と改められました。大倉邦彦は、昭和7年頃から神埼農学校の関係事業を支援しています。校歌作詞を依頼された手紙も残っていますが、実現しなかったようです。 

 

同校は平成8年(1996)に総合学科が設置されて「佐賀県立神埼清明高等学校」となり、現在に至っています。校長室には、今も大倉邦彦の扁額(「謙虚精進」)が掲げられています。

 


 

中堅青年養成講習会の集合写真

(昭和10年代) 沿革史資料3241-24

 

神埼農学校では、毎年夏に卒業生及び中堅青年を対象として、農作業に関する講義や精神修養を行う講習会が行われていました。主催は日本青年協会で、大倉精神文化研究所と佐賀県学務課が後援となっています。

 

大倉邦彦はさまざまな相談に乗っていたらしく、当研究所には開催要項や報告書などが残っています。

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鍬光塾屋根の稾葺作業

  沿革史資料3241‐23


大倉邦彦は、設計の段階から校長であった蔵岡範三の相談に乗り、最終的には建築費用を全額寄付しています。なお屋根が稾葺となったのは、大倉の指示によるものだそうです(『神農六十年誌』)。

 

当研究所には、こうした建設途中の様子が撮影された写真のほか、企画書や図面などが現存しています。



鍬光塾 落成式

昭和12年(1937)

 沿革史資料3241‐22

 

農学校内に、課外活動施設として「鍬光塾」が建設されました。ここに生徒10名程度が宿泊して、職員が指導にあたりました。

 

落成式当日、舎内で祝辞を述べているのは、邦彦の実兄で、当時西郷村村長であった江原貞一です。

 



⑥ 佐賀県立春日山道場(のちに小城町社会教育会館)

昭和13年(1938)1月31日、佐賀郡春日村(現大和町大字久池井)に落成した修養道場です。

 

昭和11年5月に佐賀県知事の古川静夫が「一般社会教育及び各種団体の中堅人物養成」を目的に道場の建設計画を発表します。県の関係者から協力要請を受けた大倉邦彦は、講堂の建設費用として6500円を寄附しました。

 


春日山道場の前に立つ大倉邦彦

(昭和14年(1939)頃)

沿革史資料6920 

 

道場には63畳の講堂をはじめ、宿泊室や食堂を備えた寮「一心寮」がありました。

戦後は春日山公民倶楽部・佐賀県社会教育会館と、名称は変わりましたが、建物はそのままで、多くの人たちに利用されました。

 


 

小城町社会教育会館(移築後の春日山道場)

(昭和42年(1967))

沿革史資料6848-1

 

昭和41年(1966)、新たに佐賀県青年の家(ユースピア佐賀、平成23年(2011)閉鎖)の建築が決まり、道場の建物は小城町(現小城市)へ移築されました。

しかし平成7年(1995)5月16日、惜しくも焼失してしまいました。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

佐賀県立春日山道場絵葉書セット(一部)

昭和10年代    大倉精神文化研究所所蔵

 

4枚セットのうち、講堂内部(中)と、道場附属作業場全景(右)。大倉は、附属作業場の用地と農具も寄贈しています



⑦ 二十三夜会/佐賀県人会・東京神埼会

名士であった大倉邦彦は、さまざまな団体と関係がありました。


戦後は佐賀県人会や東京神埼会の会長となっており、大倉精神文化研究所本館(現横浜市大倉山記念館)で会合が開催されたこともありました。

 


 

二十三夜会 第700回記念会

昭和18年(1943)1月23日

沿革史資料6855-24

下図の人名入りは、国会図書館憲政資料室蔵

「副島八十八関係文書」387より作成

 

「二十三夜会」とは、23日の夜に開かれた、東京在住の佐賀出身者による親睦会です。会員の一人であった中野禮四郎によると、明治初期(8年以降か)から始まり、会員全員の賛成がなければ入会できなかったそうです(同「三夜会の想い出」《『東京と佐賀』2(7)》)昭和9年9月23日には600回記念が開かれています。

 

当研究所には、昭和11年12月当時の会員名簿が現存しており、大隈信常・藤山雷太・福島喜三次・柳川平助・池田秀雄などの名前が記載されています。


 

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

上:東京神埼会の集合写真

沿革史資料6850-47

 

下:佐賀県人会の集合写真

沿革史資料6855-42

 

 


郷土佐賀のためには、東京佐賀県人会顧問、佐賀育英会理事として、あるいは関東栄城会顧問(昨年まで旧制佐中卒関東同窓会会長であったが、これまた高齢のため(中略)委譲)の資格で、子弟の教養や親睦増進に努められた功績は甚大なものがあった。 (「敬弔・大倉邦彦氏」[『東京と佐賀』138、昭和46年8月号]より)