大倉邦彦と佐賀

大倉精神文化研究所の創立者・大倉邦彦は、明治15年(1882)4月9日、素封家の江原(えはら)貞晴の次男として、佐賀県神埼郡(現佐賀県神埼市)に生まれました。横武尋常小学校、勧興小学校、佐賀県立佐賀中学校を卒業し、明治36年(1903)に上海の東亜同文書院に進学しました。

 

その後大倉洋紙店に入社し、主に東京で暮らすようになりましたが、故郷とのつながりを生涯大切にしました。


ここでは、邦彦と佐賀との関係を、当研究所が所蔵する沿革史資料を用いて紹介します。


① 横武尋常小学校 尋常科(現神埼市立西郷小学校)

大倉邦彦は、西郷小学校の前身である横武(よこたけ)尋常小学校を、明治25年(1892)3月に卒業しています。

 


西郷小学校講堂寄附受領式

大正14年(1925)10月27日

沿革史資料6878

 

実業家となった大倉邦彦は大正14年(1925)、実習田・講堂を寄付しました。この他、学校用地(昭和6年)、校舎改築費(昭和14年)も寄付し、校歌を作詞しました。

 

こうした功績を顕彰するため、校内に「大倉邦彦氏表彰碑」が昭和9年(1934)2月に建立され、現在でもその業績を伝えています。

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

講堂内に備え付けられていた銅板「講堂寄献之微意」

沿革史資料11025

 

講堂寄献之微意

今や物質の華制度の備其(その)盛を極むるものありと雖(いえど)も、唯(ひと)り精神方面に至りては浮華(ふか)放縦(ほうじゅう)亦収修す可(べか)らさるものあらんとす。不肖(ふしょう)日本国民の一人として遠く前途を想ひて憂慮実に切なるものあり。乃(すなわ)ち茲(ここ)に講堂を西郷村に寄献し、以て此(この)頽風(たいふう)を矯回(きょうかい)し愛国的国民教育の振興(しんこう)に資するところあらんと欲す。西郷村や固より一小局地のみ。然(しか)れとも泰山(たいざん)も沙壌(さじょう)より成る。若(も)し夫(そ)れ一簀(いっき)の功を挙くるを得は不肖の欣快(きんかい)何物か之(これ)に加へん。

大正十四年十二月         大倉邦彦

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

西郷尋常高等小学校「新築落成記念絵葉書」

昭和14年(1939)3月31日

沿革史資料38885

 

左は葉書袋、中央は「西郷尋常小学校本館」、右は「講堂(右上)、家事教室(左下)」


② 勧興小学校 全科

 

明治20年代半ばの初等教育は、尋常科(3年〜4年)と高等科(2~4年)の二段階になっていました。大倉邦彦は、勧興(かんこう)小学校で高等科の課程を修めました。

 


 

第5回勧興同窓会

昭和14年(1939)5月12日

虎ノ門・曙荘にて

沿革史資料6850-16-6

 

勧興(かんこう)小学校は、佐賀藩の藩校・弘道館の蒙養舎(もうようしゃ)の流れを汲む学校で、旧士族の子弟が多く通っていました。

 

前から2列目、右から4番目に座っているのが、大倉邦彦です。



③ 佐賀県立佐賀中学校(現佐賀県立佐賀西高等学校)

大倉邦彦は明治30年(1897)4月、佐賀県立佐賀中学校(入学時は佐賀県尋常中学校)へ進学します。同校も藩校・弘道館の流れを汲む学校で、政官財をはじめ学術、文化、軍事など、さまざまな分野に優秀な人材を多く輩出しました。


同校の同窓会は栄城会といい、戦後、邦彦は関東栄城会の会長を務めています。

 


柔道道場報国館送別会

明治35年(1902)

(沿革史資料6850-54)

 

中学時代のことを回想してみた。一番先に浮んでくるのは、毎日12キロの神埼国道を通学したこと、頭の様な丸い握り飯をハンカチに包んで腰にぶら下げて行ったこと、学校の帰り途必ず中学の横にあった報国館という柔道場で、したたか稽古して夕方疲れて帰宅したこと、これが日々の生活であった。その頃の青少年の生活は、今の時代とは天地懸隔の違いがあった。師弟の関係、修学の態度は神妙な方であったといえる。筆者などは才に乏しくこれという取柄もない人間であることを自覚していたからそれだけに努力で補っても、まだまだ足りなかった。

 (大倉邦彦「想い出と願い」、『西高創立九十周年記念誌』、昭和42年1月)


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

卒業証書

明治35年(1902)3月31日

(沿革史資料8271-1)

 

同期には、高田保馬(経済学者、京都大学名誉教授)、真島次郎(東亜同文書院教授)、吉田善吾(海軍大将、海軍大臣、連合艦隊司令長官)、武富邦茂(海軍軍人)、中島哀浪(歌人)、中野邦一(衆議院議員、県知事)らがいました。

 

また一つ下の学年には、下村湖人(小説家・社会教育家)や坪上貞二(外交官)らがいます。

 

彼らとの交遊は、生涯にわたって続きました。


 

大倉邦彦は佐賀を離れたのち実業家となり、故郷のためにさまざな支援を行っています。

詳しくは、後日紹介いたしますので、お楽しみに。