創立者大倉邦彦没後50年記念刊行物
『マンガで学ぶ 大倉邦彦物語 ―社会のために尽くした実践躬行の人―

OkuraKunihiko_Monogatari-1.jpg

『マンガで学ぶ 大倉邦彦物語』【表紙】

 
大倉精神文化研究所創立者 大倉邦彦は、実業家でありながら、人々が心豊かに暮らせる社会の実現を願い、教育事業や精神文化の研究・実践に情熱を注ぎ、さまざまな活動を行いました。

 

令和3(2021)年は大倉邦彦の没後50年にあたります。そこで記念の年に際して、邦彦の想いやその事績を、多くの人に知って頂きたいと願い、子どもから大人まで幅広い年代の方が読みやすい伝記マンガを制作いたしました。

 

文字には全て振り仮名をつけ、邦彦についてさらに深く知ることが出来るよう、マンガの後の付録ページも充実させています。この機会に是非ご覧ください。

 

 【本の概要と入手方法について】

『マンガで学ぶ 大倉邦彦物語』

令和3年7月25日刊行、A4判、61ページ、総ルビ

詳しい内容については、目次(下)をご覧ください。

 

【PDF版】

PDFの閲覧・ダウンロードはこちらから→『マンガで学ぶ 大倉邦彦物語』 32.5MB

(ファイルサイズが大きいので、ダウンロードの際は保存先の容量にご注意ください。)

 

【書籍版】

附属図書館で無料配布しています。

ご希望の方は図書館カウンターにてお申し出下さい。

 


『マンガで学ぶ 大倉邦彦物語』【目次】(画像をクリックするとPDFが開きます)