『月例講話集』

★ ★  全22冊完結  ★ ★

第22集 「説話の森を歩く」   平成15年3月7日発行   月例講話会受付にて無償配布中

大隅和雄 「中世説話の世界」

打越孝明 「いかにかすべき我が心」

伊藤聡  「中世神話の誕生」

平井誠二 「鎌倉武士の心意気」

 

第21集 「心に刻むことば (二)」   平成13年7月18日発行   品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

藤森馨 「天道は是か非か -司馬遷と徳川光圀-」

淺田正博 「無戒名字の比丘 -『末法灯明記』-」

三澤勝己  「天道は是か非か -司馬遷と李陵-」

茂住實男 「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張 -勝海舟-」

森章司 「今は父子の義はあるべからず -親鸞-」

岡田莊司 「慎みて怠ることなかれ -吉田兼倶-」

菅野博史 「我れ深く汝等を敬う -『法華経』-」

西岡和彦 「「三空」と「宇宙心」 -大倉邦彦-」

三橋正 「天の日嗣は必ず皇緒を立てよ -宇佐八幡神託-」

三宅守常 「アジアは1つ(Asia is One) -岡倉天心-」

 

第20集 「心に刻むことば (一)」   平成12年7月15日発行   月例講話会受付にて無償配布中

打越孝明 「敬天愛人 -西郷隆盛-」

吉田篤志 「五十にして天命を知る -孔子-」

森章司  「有り難う -ゴータマ・ブッダ-」

平井誠二 「陰徳を積む -大倉邦彦-」

木野主計 「悪法も法なり -ソクラテス-」

大隅和雄 「元始、女性は太陽であった -平塚らいてう-」

西本照真 「まるまるとまるめまるめよわが心 -木喰行道-」

三澤勝己 「死を憎まば生を愛すべし -吉田兼好-」

松尾恒一 「秘すれば花 -世阿弥-」

土田健次郎 「己れを修め人を治む -朱子-」

 

第19集 「心のまんだら」     平成11年7月25日発行    品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

藤井 教公 「和を以て貴とす―聖徳太子―」

淺田 正博 「願に生きる―最澄―」

土田健次郎「生き方としての歴史 ―北畠親房― 」

茂住 實男 「学問の人 学問の神 ―菅原道真―」

蓑輪 顕量 「十住心の哲学―空海―」

竹村 牧男 「新風の禅文化―栄西と道元―」

菅野 博史 「如来の使―日蓮―」

西本 照真 「「真実」に生きる―親鸞―」

大隅 和雄 「専修念仏の人―法然―」

平井 誠二 「精神文化まんだらの世界―大倉邦彦―」

 

第18集 「東洋のこころ (七)」     平成11年3月20日発行    月例講話会受付にて無償配布中

三宅守常 「“人となる道”とは何か -慈雲尊者のことばより-」

森 章司  「仏教と科学 -アビダルマの世界-」

木野主計 「初代清国公使の見た明治日本」

藤森 馨  「日本人の名前と地名の関わり」

平井誠二 「文字表記の歴史 -ワープロは漢字文化を滅ぼすか-」

大隅和雄 「遁世者とその思想」

早島鏡正 「仏法は無我にて候-乱世に生きた蓮如-」

鎌田純一 「明治のこころ -「聖喩記」を中心として-」

吉田篤志 「始皇帝を魅了した男、韓非」

 

第17輯 「東洋のこころ (六)」    平成9年10月31日発行    月例講話会受付にて無償配布中

蓑輪顕量 「無常というこころ -中世の禅律僧を中心に-」

茂住實男 「女子留学ことはじめ -津田梅子・山川捨松-」

三宅守常 「東洋医学の伝統 -東と西の死生観より-」

西嶋和夫 「仏教思想の見直し -『正法眼蔵』と『中論』とを中心にして-」

菅野博史 「中国仏教の大成者 -天台大師智ギ-」

 

第16輯 「東洋のこころ (五)」    平成9年3月26日発行    月例講話会受付にて無償配布中

鎌田純一 「白鳳のこころ -天武天皇を中心に-」

米原正義 「千利休と豊臣秀吉」

藤井教公 「善悪の点数計算「功過格」 -中国道教の倫理観-」

藤森 馨 「木簡から和装本へ -東洋の書物の形とこころ-」

三澤勝己 「『源氏物語』と江戸人 -蕃山・宣長の解釈-」

 

第15輯 「東洋のこころ (四)」    平成8年10月31日発行    月例講話会受付にて無償配布中

中田易直 「三井高利 -高利とその子供たち-」

平井誠二 「吉良上野介義央 -高家と武士道-」

小池喜明 「新井白石 -人と思想-」

森 章司 「井上円了 -お化け博士の正体-」

打越孝明 「明治天皇 -「敷島の道」の体現者-」

 

第14輯 「東洋のこころ (三)」    平成8年3月20日発行    月例講話会受付にて無償配布中

吉田篤志 「荀子 -戦国末の大儒-」

浅田正博 「伝教大師最澄 -一乗真実への道-」

岡田莊司 「解脱房貞慶 -神と仏の世界-」

三宅守常 「明恵上人 -「あるべきようわ」とは何か-」

 

第13輯 「東洋のこころ (二)」    平成7年12月15日発行    月例講話会受付にて無償配布中

藤井教公 「日蓮 -信仰における熱と力-」

鎌田純一 「大倉邦彦 -研究所の創建とその理想-」

三澤勝己 「杜甫 -わが国近世への影響-」

早島鏡正 「ゴータマ・ブッダ(釈尊) -悟りとはなにか-」

木野主計 「植木枝盛 -「日本国国憲案」について-」

茂住實男 「森有礼 -英学史上の森有礼-」

 

第12輯 「東洋のこころ (一)」    平成7年3月25日発行    月例講話会受付にて無償配布中

時野谷滋 「松尾芭蕉 -連想の世界に遊ぶ-」

佐藤眞人 「菅原道真 -神に祀られた人-」

岡田莊司 「一遍 -日本中世の心の旅-」

菅野博史 「鳩摩羅什 -中国仏教を育てた翻訳僧-」

藤森 馨 「藤原道長 -「望月の歌」の背景-」

 

第11輯 「古典のこころ (八)」    平成6年11月29日発行    月例講話会受付にて無償配布中

浅田正博 「修験三十三通記 -修験道と仏教-」

平井誠二 「赤穂四十六士論 -儒学者の浪士批判-」

三宅守常 「道二翁道話 -読んで楽しい心学道話-」

石井 孝 「二宮翁夜話 -報恩感謝の世界-」

木野主計 「萬治制法 -我が国地方制度の近代化過程-」

 

第10輯 「古典のこころ (七)」    平成6年3月25日発行    月例講話会受付にて無償配布中

菅野博史 「法華経 -一仏乗の思想と常不軽菩薩の礼拝行-」

吉田篤志 「春秋左氏伝 -古代中国人の生き様-」

田中佩刀 「孝経 -親孝行を考える-」

里道徳雄 「臨済録 -自在に生きる-」

森 章司 「歎異抄 -親鸞の声・唯円の声-」

 

第9輯 「古典のこころ (六)」    平成5年11月25日発行    月例講話会受付にて無償配布中

藤森 馨 「大鏡 -花山天皇の譲位をめぐって-」

佐藤眞人 「日吉山王利生記 -中世神祇説話の世界-」

三澤勝己 「折たく柴の記 -新井白石と父母-」

中田易直 「日本永代蔵 -元禄町人とその思想-」

茂住實男 「福翁自伝 -洋学修業時代-」

早島鏡正 「おらが春 -一茶の世界と仏教-」

 

第8輯 「古典のこころ (五)」    平成5年3月31日発行    月例講話会受付にて無償配布中

俣野太郎 「菅家文草 -美的感動の漢文学-」

鎌田純一 「古語拾遺 -廣成のこころ-」

岡田莊司 「吾妻鏡 -鎌倉幕府の神話と歴史-」

藤井教公 「沙石集 -中世仏教の啓蒙書-」

 

第7輯 「古典のこころ (四)」    平成4年11月30日発行  月例講話会受付にて無償配布中

里道徳雄 「一休骸骨 -一休の人と法語-」

平井誠二 「政談 -武家気質の変質-」

菅野博史 「出定後語 -近世における仏教の思想史的研究-」

浅田正博 「往生要集 -浄土往生への道-」

三宅守常 「鳩翁道話 -庶民倫理の平易な教え方-」

石井 孝 「報徳記 -二宮尊徳の真面目-」

木野主計 「梧陰存稿 -井上毅の思想と文学-」

 

第6輯 「古典のこころ (三)」    平成4年3月31日発行  月例講話会受付にて無償配布中

時野谷滋 「日本書紀 -その成立とその後-」

森 章司 「方丈記 -無常ということ-」

村尾次郎 「太平記 -楠木正茂の登場-」

吉田篤志 「先哲叢談 -儒者の横顔-」

 

第5輯 「古典のこころ (二)」    平成3年11月20日発行  品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

金岡秀郎 「孝養集 -秘密の念仏-」

時野谷滋 「平家物語 -木曽義仲の悲劇-」

小松 馨 「徒然草 -吉田兼好とその周辺-」

佐藤眞人 「神皇正統記 -その天皇観と歴史観-」

茂住實男 「蘭学事始 -オランダ語学習のはじまりと『解体新書』翻訳-」

 

第4輯 「古典のこころ」        平成3年3月31日発行  品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

村尾次郎 「万葉集 -私の好きな歌の数々-」

鎌田純一 「古事記 -飛鳥・白鳳のこころ-」

藤井教公 「三教指帰 -空海のめざすもの、仏か、仙人か、聖人か-」

三澤勝己 「日本外史 -歴史観の魅力と魔力-」

 

第3輯 「仏教思想と信仰」      平成2年12月10日発行  品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

菅野博史 「六朝知識人(戴逵)の仏教受容の一断面 -中国における運命の問題をめぐって-」

佐伯真光 「港北区が生んだ最大の学者印融」

森 章司 「花は紅 柳は緑 -仏教における真実と智慧-」

里道徳雄 「仏教の先祖供養 -その発現と展開-」

金岡秀郎 「仏教の死者供養」

 

第2輯 「日本人の生活と文化」   平成2年3月31日発行  品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

俣野太郎 「漢学のすすめ」

岩橋春樹 「鎌倉文化の魅力」

平井誠二 「江戸時代の朝廷と公家」

森 章司 「妙好人の生活 -仏教の篤信者-」

佐藤眞人・小松馨、(司会)三宅守常 「天皇大喪の歴史〔対談〕」

 

第1輯 「日本人の精神の縦走」   平成元年7月25日発行  品切れ(研究所附属図書館でご覧下さい。)

早島鏡正 「ギリシァ王・メナンドロスの問い -仏教僧との対話-」

時野谷滋 「魏志倭人伝は信用できるか」

藤井教公 「シルクロード異聞 -玄奘三蔵と『西遊記』-」

鎌田純一 「日本の祭」

木野主計 「明治の出版と新聞」