共催 公益財団法人大倉精神文化研究所・愛知大学


 
公 開 講 演 会


第16回  

初版復刻に見る『吾輩ハ猫デアル』の魅力

 

平成30年7月7日(土) (愛知大学短期大学部教授)

 

夏目漱石が明治38年(1905)1月に俳句雑誌「ホトトギス」に発表した『吾輩ハ猫デアル』は、読者に好評を以て迎えられ、高浜虚子の勧めで翌年8月まで、全11回連載された文豪・漱石の処女小説です。珍野苦沙弥(ちんのくしゃみ)の家で飼われる猫が「吾輩」という一人称で語るという新奇な設定や、個性的な登場人物たちが展開するユニークな談話・逸話が人気を呼んだことは確かですが、一方で、明治38年10月から40年5月にかけて、上・中・下巻と順次刊行された初版本の斬新さも、この作品の文学的価値を高めていると考えられます。

この講演では、日本近代文学館刊行による『吾輩ハ猫デアル』初版復刻を回覧資料としながら、この作品の成立背景や書誌的な特徴、さらには有名な冒頭表現の文学的効果を取上げることによって、『吾輩ハ猫デアル』の魅力について迫りたいと思います。


会場:横浜市大倉山記念館ホール


時間:午後2時~午後3時30分(整理券配布:午後1時15分~、開場:午後1時40分~)

 
定員:40名(入場無料、予約なし当日先着順)
 


過去の公開講演会