大倉精神文化研究所・岡倉天心市民研究会共催 公開講演会
 美術雑誌『国華』の創刊と岡倉天心

会場と開始時間が変更になりました

 

平成29年11月25日(土)


角田 拓朗(神奈川県立歴史博物館主任学芸員)

 

岡倉覚三(天心)の業績は多岐にわたりますが、そのなかでもひときわ注目されるものとして、美術研究雑誌『国華』の創刊が挙げられます。明治22年(1889)に創刊された同誌草創期の編集方針は、日本のみならず東アジア、東洋という広い視野にたったもので、天心の思想を直接的に反映したものとしても知られています。しかしながら、具体的な史料が乏しかったことにより、同誌創刊の背景について論じられる機会はほとんどありませんでした。

しかし近年、天心とともに『国華』を創刊した高橋健三(たかはしけんぞう)の史料が世に出たことにより、その研究が大きく進展しました。今回の講演ではその研究成果を踏まえ、天心と高橋の関係に焦点をあてつつ、『国華』草創期の経営に果たした天心の役割をご紹介します。

  

 会場:菊名地区センター

        〒222-0011 神奈川県横浜市港北区菊名6丁目18−10

 時間:午後3時~午後4時30分(受付開始午後2時20分、開場午後2時40分)
 定員:40名(入場無料、予約なし当日先着順)

 

【チラシPDF】

 

過去の講演会