創設者

 大倉 邦彦 (おおくら くにひこ)  明治15年(1882)~昭和46年(1971)


明治15年(1882)4月9日、士族江原(えはら)貞晴の次男として、佐賀県神埼郡(かんざきぐん)に生まれる。昭和46年(1971)7月25日、89歳で没する。号は、三空居士(さんくうこじ)。
明治39年(1906)、上海の東亜同文書院(とうあどうぶんしょいん)商務科を卒業後、大倉洋紙店に入社。明治45年(1912)、社長大倉文二(ぶんじ)の婿養子となり、大正9年(1920)に社長に就任した。
わが国の教育界・思想界の乱れを憂えた邦彦は、私財を投入して東京の目黒に富士見(ふじみ)幼稚園を開いたり、郷里の佐賀に農村工芸(のうそんこうげい)学院を開設したほか、昭和7年(1932)に大倉精神文化研究所を開設した(昭和11年に文部省所管の財団法人として認可される)。邦彦は、所長として研究所の運営・指導にあたり、各分野の研究者を集めて学術研究を進めるとともに、精神文化に関する内外の図書を収集して附属図書館も開設した。また、昭和12年(1937)、東洋大学学長に就任し、在任は2期6年にわたった。
昭和20年(1945)、A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに拘禁されたが、昭和22年に嫌疑がはれて釈放され、27年に研究所理事長兼所長に復帰した。
昭和33年(1958)、タゴール記念会の理事長に就任し、昭和36年には大倉洋紙店会長となり、37年の皇學館大學の創立に際して学事顧問となった。39年から開催された大倉山座禅会では、その指導にあたった。

略歴 著作 研究文献

設立の趣旨

大倉精神文化研究所は、 「東西両洋における精神文化及び地域における歴史・文化に関する科学的研究及び普及活動を行い、国民の知性及び道義の高揚を図ることにより、心豊かな国民生活の実現に資し、もって日本文化の振興及び世界の文化の進展に寄与する」 ことを目的としています。

 

沿 革

大倉精神文化研究所は、昭和7(1932)年4月9日に大倉山の地に設立されました。
現在の大倉山記念館は、研究所の本館としてこの時竣工したものです。
大倉邦彦は、所長として研究所の経営・指導にあたり、各分野の一流の研究者を集めて、学術研究を進めるとともに、精神文化に関する内外の図書を収集して附属図書館も開設しました。また、学生・教育者・一般人などを対象とする精神教育にも努め、『神典』その他の多くの図書を編集・刊行しました。
研究所は、昭和11年に文部省(現在は文部科学省)所管の財団法人となり、活発な活動を展開しましたが、第二次世界大戦により、活動は一時中断を余儀なくされました。
戦後は、名称を「大倉山文化科学研究所」と改称し、活動を再開しましたが、財政難により苦しい経営が続きました。そうした中で、昭和25年(1950)から同35年(1960)まで、附属図書館を国立国会図書館の支部図書館としたこともありました。
昭和34年(1959)に名称を元の「大倉精神文化研究所」に復しましたが、昭和46年(1971)に創設者の大倉邦彦が死去すると、経営は一層困難になりました。
昭和56年(1981)に敷地を横浜市に売却し、財政的基盤を確立しました。建物は同時に横浜市に寄贈しました(平成3年横浜市指定有形文化財に指定、また平成16年(2004)、研究所本館の建設関係資料4546点も横浜市有形文化財に指定)。
また、平成24年4月1日付で公益財団法人となり、同4月9日には創立80周年を迎えて、活発な活動を展開し、現在に至っています。


沿革の詳細は、『財団法人大倉精神文化研究所沿革史稿本』(平成8年3月刊)および『財団法人大倉精神文化研究所沿革史稿本第二冊』(平成12年3月刊)をご覧下さい。

 

事 業 平成27年度事業計画書より)

設立の目的を達成するために、主に次のような事業を行っています。


1、精神文化の研究
 

(1) 実用の学の研究  実業家の実学観や文化事業・教育事業などについて研究を進めています。今年度は、幼児教育、青少年教育、生涯学習、放送教育など多様な視点から教育に関する研究を行います。

(2) 東西文化融合の研究 今年度は近代化と宗教、特にキリスト教に着目して研究を進めていきます。さらに、国際文化人として東洋と西洋で活躍した岡倉天心の研究を進めます。

(3) 研究所関連資料の研究・調査 創設者である大倉邦彦の思想や事績、研究所の創設から2現代に至る沿革等の調査・研究、資料収集等を継続的に実施しています。27年度は、アナログ音源のデジタル化事業や「日本精神文化曼荼羅」の環境整備事業などに取り組みます。

 

2、精神文化研究成果の普及活動
 

(1) 講演会等の開催

主に大倉山記念館ホールを会場として、大倉山講演会、公開講演会などを開催しています。聴講は無料です。日程・内容等は各種ポスター・チラシ、研究所のホームページ等でご確認下さい。


(2) 資料の展示

7月~9月に第29回研究所資料展「海軍気象部展(仮)」、11月~12月に第30回研究所資料展「港北の昔話展(仮)」などを行います。


(3) 印刷物の編集及び刊行
ア  『大倉山論集』 研究紀要として、昭和27年(1952)から刊行しています。平成26年度末で計61輯を数えています。全国の主要な大学、研究機関、公共図書館等に配布しています。第50輯には、総目録と執筆者索引を掲載しています。
イ 各種講演録  講演会の講演録として、『月例講話集』(全22集)、『大倉山講演集』(全10集)、『港北の歴史散策』『横浜の教育と文化(一)』『武道精神とスポーツ精神(上)(下)』『横浜 港北の自然と文化』(慧文社)『横浜 港北の地名と文化』などを刊行しています。
ウ その他  研究所では、研究や講演の成果を数多く刊行してきました。主要なものとしては、『神典』(問合せ先、神社新報社)、『綜合研究 飛鳥文化』(国書刊行会)、『新版 日本思想史文献解題』(角川書店)、『大倉邦彦伝』(非売品)、『近世の精神生活』(続群書類従完成会)、『道歌 心の姿見』『道歌 心のうつし画』(芙蓉書房出版)、『財団法人大倉精神文化研究所沿革史稿本』(非売品)、『講演集 大倉邦彦と精神文化研究所』(非売品)、『大倉邦彦の『感想』-魂を刻んだ随想録-』(非売品)、『大倉精神文化研究所内遺跡出土資料報告書』(非売品)などがあります。
詳細は刊行物のページをご覧下さい。

 

(4) 地域社会との連携
港北区、横浜市、神奈川県といった行政や、公共図書館、博物館、学校、住民サークル等と幅広く連携し、講演、授業、情報誌等への原稿執筆、館内見学、地域散策等を行うことにより、地域理解や地域文化の発展に寄与しています。

 

3、附属図書館の運営と図書資料の充実・整備

 

研究所附属図書館としての高度な専門性を維持するとともに、蔵書を一般市民に公開し、その利用に供しています。年に数回、図書館資料の展示も行っています。併せて25年度から今年度までの3箇年計画で、全蔵書のインターネット検索に向けて取り組んでいます。

27年度では、さらに劣化が進みつつある貴重な資料の保存方法・保存技術とその有効な公開方法について調査を開始するほか、地域と連携して読書活動推進とその普及活動の役割を担います。

 

開館日時   火曜日から土曜日の午前9時30分~午後4時30分 (日曜、月曜、祝日、年末年始等は休みです)

  

蔵書の概要    哲学、宗教、歴史、文学などの図書や雑誌を入門書から専門書まで揃えています。特に、神道、儒教、仏教、日本史などの図書は古書から新刊書まで豊富に備えています。また、公開書庫にはベストセラーや今話題の本などもあります。
・開架図書 21,274冊 ・閉架図書 79,418冊 ・AV 179点(平成26年3月末現在)

  

蔵書目録
『蔵書目録 宗教』
『大倉邦彦旧蔵書目録 和書』
『旧制高等学校文庫目録』などを刊行しています。

  

利用方法  どなたでも自由に利用できます。
 一般図書や参考書は、公開書庫で直接調べたり、探したりできます。専門書は、書庫からお出ししますので、閲覧室で読むことが出来ます。公開書庫の本については、どちらにお住まいの方でも一人1回10冊まで、2週間お貸しします。
また、神道・儒教・仏教・日本史などの参考書に関する質問にお答えします。
図書や雑誌のコピーサービスもございます。〈サイズ B5~A3 モノクロ1枚 20円/カラー1枚 80円〉

 

→詳細は図書館のページをご覧下さい。