略歴

shouzou2.jpg

明治十五年(一八八二)四月九日、素封家江原(えはら)貞晴の次男として、佐賀県神埼郡(かんざきぐん)に生まれる。昭和四十六年(一九七一)七月二十五日、八九歳で没する。号は、三空居士(さんくうこじ)。

明治三十九年(一九〇六)、上海の東亜同文書院(とうあどうぶんしょいん)商務科を卒業後、大倉洋紙店に入社。明治四十五年(一九一二)、社長大倉文二(ぶんじ)の婿養子となり、大正九年(一九二〇)に社長に就任した。
わが国の教育界・思想界の乱れを憂えた邦彦は、私財を投入して東京の目黒に富士見(ふじみ)幼稚園を開いたり、郷里の佐賀に農村工芸(のうそんこうげい)学院を開設したほか、昭和七年(一九三二)に大倉精神文化研究所を開設した(昭和十一年に文部省所管の財団法人として認可される)。邦彦は、所長として研究所の運営・指導にあたり、各分野の研究者を集めて学術研究を進めるとともに、精神文化に関する内外の図書を収集して附属図書館も開設した。また、昭和十二年(一九三七)、東洋大学学長に就任し、在任は二期六年にわたった。
昭和二十年(一九四五)、A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに拘禁されたが、昭和二十二年に嫌疑がはれて釈放され、二十七年に研究所理事長兼所長に復帰した。
昭和三十三年(一九五八)、タゴール記念会の理事長に就任し、昭和三十六年には大倉洋紙店会長となり、三十七年の皇學館大學の創立に際して学事顧問となった。三十九年から開催された大倉山座禅会では、その指導にあたった。

 

 

著作

大倉邦彦のおもな著作としては次のようなものがある。
『感想(其一)~(其十三)』大正十四年(一九二五)~昭和十二年(一九三七)。
『THOUGHTS(英文対訳)』昭和十年(一九三五)。
『MY THOUGHTS(英文)』ウェストミンスター社、大正十五年(一九二六)。
『感想』大倉山座禅会、昭和四十二年(一九六七)。
『処世信念』千倉書房、昭和十二年(一九三七)。
『勤労教育の理論と方法』三省堂、昭和十三年(一九三八)。
『日本産業道』日本評論社、昭和十四年(一九三九)。
『随想 飛び石』青年書房、昭和十五年(一九四〇)七月。
『神祇教育と訓練』神祇院教務局指導課、昭和十七年(一九四二)。
『大倉邦彦選集』潮文閣、昭和十七年(一九四二)四月。
『日本精神の具体性』目黒書店、昭和十七年(一九四二)。
『大東亜建設と教養』弘道館、昭和十七年(一九四二)。
『産霊の産業』大日本産業報国会、昭和十七年(一九四二)。
『臣道実践』産霊書房、昭和十八年(一九四三)。
『勤労世界観』明世堂、昭和十九年(一九四四)。
『大倉邦彦の『感想』-魂を刻んだ随想録-』(二〇〇三)

研究文献

大倉邦彦に言及したおもな書籍としては、次のようなものがある。
日統社編『精神運動の使徒大倉邦彦氏』日統社、昭和八年(一九三三)。
『大倉邦彦先生献呈論文集 国史論纂』大倉邦彦先生献呈論文集編纂委員会編刊、昭和十七年(一九四二)。
『東亜同文書院大学史』滬友会、昭和三十七年(一九六二)。
花山信勝『平和の発見―巣鴨の生と死の記録』百華苑、昭和四十五年(一九七〇)。
『神埼町史』神埼町、昭和四十七年(一九七二)。
特種製紙五十年史編纂委員会編『特種製紙五十年史』特種製紙、昭和五十一年(一九七六)。
『日本の建築 明治・大正・昭和』三省堂、昭和五十四年(一九七九)。
『実力社長に聞く 私の人生と経営理念』産業研究所編刊、昭和五十四年(一九七九)。
『東亜同文書院大学史―創立八十周年記念誌』滬友会、昭和五十七年(一九八二)。
藤森照信・荒俣宏『東京路上博物誌』鹿島出版会、昭和六十二年(一九八七)。
『大倉紙パルプ商事株式会社百年史』大倉紙パルプ商事、平成元年(一九八九)。
『大倉邦彦伝』大倉精神文化研究所編刊、平成四年(一九九二)。
『愚禿鉄牛―伴鉄牛自伝(一)~(三)』中川鉄巌、昭和五十一年(一九七六)・五十三年・五十六年

大倉邦彦に関連するおもな論文としては、次のようなものがある。
牟田直「大倉精神文化研究所の沿革 附年表」、『大倉山論集』八、昭和三十五年(一九六〇)。
「大倉邦彦年譜」『大倉山論集』一〇、昭和四十七年(一九七二)。
鎌田純一「大倉邦彦―研究所の創建とその理想」『月例講話集』一三(東洋のこころ・二)、大倉精神文化研究所、平成七年(一九九五)。

根本教久「三空忌―創立者大倉邦彦先生を偲んで」『大倉山講演集』六、平成十年(一九九八)

平井誠二「精神文化まんだらの世界―大倉邦彦―」『月例講話集』一九(心のまんだら) 、大倉精神文化研究所、平成十一年(一九九九)。

平井誠二「農村工芸学院と大倉邦彦」『大倉山論集』四五、平成十二年(二〇〇〇)。
勝岡寛次訳「大倉邦彦 極東国際軍事裁判 国際検察局(IPS)尋問調書」『大倉山論集』四五、平成十二年(二〇〇〇)。
平井誠二「陰徳を積む―大倉邦彦―」『月例講話集』二〇(心に刻むことば・一)、大倉精神文化研究所、平成十二年(二〇〇〇)。
勝岡寛次「大倉邦彦の逮捕から釈放まで―極東国際軍事裁判・国際検察局(IPS)尋問調書の分析から―」『大倉山論集』四六、平成十二年(二〇〇〇)。
田代武博「大倉邦彦における「行の教育」―思想的枠組みと佐賀県における実践」『大倉山論集』四六、平成十二年(二〇〇〇)。
平井誠二・岡崎寛徳「大倉邦彦「院主書簡」―翻刻と解題―」『大倉山論集』四六、平成十二年(二〇〇〇)。
西岡和彦「「三空」と「宇宙心」―大倉邦彦」『月例講話集』二一(心に刻むことば・二)、大倉精神文化研究所、平成十三年(二〇〇一)。
大倉精神文化研究所編『講演集 大倉邦彦と精神文化研究所』大倉精神文化研究所、平成十四年(二〇〇二)。

 

略年譜

年号西暦記    事
明治151882 佐賀県神埼市に生まれる。
明治301897 佐賀県立佐賀中学校入学。
明治361903 東亜同文書院(上海)に入学。
明治391906 大倉洋紙商行天津出張所に入社。
明治451912 大倉文二(大倉洋紙店2代目社長)の養子となる。
大正71918 大倉洋紙店社長に就任。
大正81919 小田原製紙株式会社の社長を兼任。
大正131924 富士見幼稚園(東京都目黒区)設立。
大正141925 愛知洋紙店の社長を兼任。
昭和31928 農村工芸学院(佐賀県西郷村)設立。
昭和41929 インドの詩聖タゴールを自宅に宿泊させ、親交を深める。
昭和51930 浄牧女子工芸学院(東京都久留米市)設立。
昭和71932 大倉精神文化研究所設立。
 大倉製作所を創業。
昭和91934 特種製紙株式会社の社長を兼任。
昭和121937 東洋大学学長就任。
昭和231948 図書館用品販売の五輪堂を創業。
昭和341959 タゴール記念会理事長に就任。
昭和371962 皇學館大学顧問に就任。
昭和391964 大倉山坐禅会を始める。
昭和461971 死去。