【本講演会は終了いたしました】

大倉精神文化研究所・岡倉天心市民研究会共催 公開講演会
 インドの岡倉覚三

令和2年11月28日(土)

 

講師:臼田 雅之(うすだ まさゆき 東海大学名誉教授)

 

天心岡倉覚三は、今日、大東亜共栄圏の思想的基盤を築いたイデオローグとしての役割から解放されて、ナショナリズムを越えた普遍的な考え方をしていたことが明らかになっています。そこで、岡倉の1902年と1912年のインド旅行をたどりながら、インドの「世界詩人」タゴールとの関係を軸に、この二人の詩人のナショナリズム全盛の時代におけるナショナリズム批判のあり方を中心にお話しします。1902年と1912年の10年間が、岡倉にとっても、タゴールにとっても、大きな転換点であったことを、インドと日本の歴史の意外な類似性を指摘しつつお話します。

そのほか、絵の話、岡倉とインドの女流詩人の間に交わされたラヴ・レター、インド人が見た岡倉、またタゴールと大倉山近辺の関係などを織り交ぜて、楽しい話にするつもりです。

  

会場:横浜市大倉山記念館 ホール

       横浜市港北区大倉山二丁目10-1  大倉山公園内(東急東横線大倉山駅下車徒歩7分)


時間:午後2時~午後3時30分(開場は午後1時40分)

 

定員:20名要申込先着順、入場無料)

※本講演会は事前申込で満席となっています。当日申し込みなしでの聴講はできません

 

【申込方法】

EメールまたはFAXで、参加者の氏名(複数名の場合は全員)と連絡先をご記入の上、お申し込み下さい

Eメール   okuraseishinbunka@js6.so-net.ne.jp

FAX     045-542-0051


※FAXでお申込みの場合はお電話で、メールでお申込みの場合は返信にて、受付の可否をご連絡をいたします。

受付に関して研究所からの連絡がない場合は、お申込みが出来ていない可能性がございますので、お問い合わせ下さい。


また、携帯電話のメールでのお申込みの場合、研究所からの返信メールが迷惑メール防止機能のために受信出来ないことがございます。返信がない場合は研究所へお問い合わせ下さい。

 

【開催にあたって】

・ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。

・新型コロナウイルスの感染状況によっては、中止または内容が変更になる場合があります。

 

       2020Ten_shin_kouen.jpg

(画像をクリックするとチラシのPDFが開きます)

 

過去の講演会