附属図書館の蔵書検索はこちらから

OPAC.jpg

↑クリックで蔵書検索ページに移動します。




348. 再生する死
秋の枯葉が落ちる時、葉は永遠に木と共にありたいと思つたに違ひない。然し下から萌え出でやうとする葉の為に、自ら落ちて行くことが、木自体の成長なのである。
個我意識を離れる事によつて、全体生命の中に生きかへるとは此事である。
東洋の宗教はこれを教へる。
Death for New Life   
WHEN the dead leaves of autumn fall, they may have thought that they would continue with the tree forever, but the very growth of the tree depends upon their falling, so that the new growth may sprout beneath them. By losing his own individual consciousness one may live in the corporate life of all. This is what our Oriental religion teaches.

 
 
 
 

 

公益財団法人大倉精神文化研究所サイトマップ