附属図書館OPAC(蔵書検索ページ)URL変更のお知らせ

 平成30年(2018年)8月1日より、より高い安全性を確保するため、附属図書館OPAC(蔵書検索ページ)のURLを下記の通り変更いたしました。

■変更前:http://sv2.opac.jp/paop/cgi-bin/index.cgi?LibId=013v2d8

■変更後:https://sv2.opac.jp/paop/cgi-bin/index.cgi?LibId=013v2d8

「ブックマーク」などに登録していただいている場合は、設定の変更をお願いいたします。
尚、旧URL[http]にアクセスした場合、全て新URLの[https]へ転送されます。

 

附属図書館の蔵書検索はこちらから

OPAC.jpg

↑クリックで蔵書検索ページに移動します。




463. 古き教理と新しき進展
教理は或る時代には哲学的に、或る時代には文学的に、或る時代には神話的に説かれた。時代に相応して説かれなければ、宗教は存在しても生命を失ふ。祖師に帰れと叫ぶばかりでなく、現在と将来とを見、諸学を綜合するだけの達見を持ち、脈々として進展しなければ、既成宗教は自滅の道を辿るのみである。
Old Doctrines and New Development   
IN one age doctrines may be taught philosophically, in another oftentimes from the literary standpoint, in still another mythologically.Religion, even though it may linger for a time, will lose its life if it is not taught in accordance with the spirit of the age. We must not merely shout, “ Back to the Fathers ” ! We must look to the present and the future, take a survey of widely assembled knowledge, and make a steady development. If these are not done all existing religions are but treading the path of self-destruction.

 
 
 
 

 

公益財団法人大倉精神文化研究所サイトマップ