⑪富嶽荘    沿革史資料 № 6758-0030

富嶽荘のはじまりは目黒にあった「大倉学寮」です。昭和5年(1930)6月に「富嶽荘」と改称され、昭和6年(1931)8月に大倉精神文化研究所の附属寮として大倉山へ移転しました。所員および修養に努める学生の生活の場として使用された富嶽荘ですが、戦後の一時期、慶應義塾大学の学生寮として使用されたこともありました。写真は昭和15年(1940)前後に撮影されたものだと思われます。

 

 

前のページ 次のページ