新着図書のご紹介 2019-02-15更新!

 

 

 

● 毎月、上・下旬に並ぶ新着図書約25冊の中から、図書館のおすすめ4冊をご紹介しています


タイトル等をジャンル別に色分けしています

 凡例 【総記】 【哲学(宗教)】 【歴史】 【社会科学】  【自然科学】 【技術】 【産業】 【芸術】 【言語】 【文学】

 

● 新着図書リストをご覧になりたい方はこちらのページへ図書館OPAC新着リスト

 

 


 

 

2019年2月15日更新!

 

おすすめ4冊 (2月下旬・新着図書より)

 

1210.02-.jpg 2457-.jpg 3780.6-.jpg 4913.6-.jpg

 

 

1 【 歴史-日本史-歴史補助学 】   『はんこと日本人』 門田誠一 著  (請求記号:210.02-モ

宅配便の受け取り、回覧板、役所の申請書類から売買契約まで、毎日の生活にはんこは欠かせない。日本人はなぜ、いつごろからはんこを押し続けてきたのか。その歴史を辿り、はんこをめぐる日本独特の文化・社会を探る。

 

2 【 自然科学-古生物学・化石 】   『化石になりたい ―よくわかる化石のつくりかた』 土屋健 著 前田晴良 監修 (請求記号:457-ツ) 

本書は、化石のタイプを12+αに分類。それぞれの特徴や形成の仕方を、わかりやすく説明しています。化石のできかたを学びたいと思ったら、まず最初に読んでほしい1冊です。「化石に興味のある方」から「専門家」まで、大いに参考にしていただけます。

 

【 芸術-スポーツ・体育-団体   『<東京オリンピック>の誕生 ― 一九四〇年から二〇二〇年へ』  浜田幸絵 著  (請求記号:780.6-ハ)

1940年開催予定であった幻の東京オリンピックから、1964年をへて2020年へ。いかに開催地として選定され、人々に受容されてきたのか。戦時に返上した挫折をへて、戦後の開催へ招致活動した在米日系人やIOCの動向など、その連続性に焦点を当てて描く。聖火リレーが引き継がれる実態やテレビ放送など、メディア史から描き出す決定版。

 

【 文学-小説・物語-近代  】  『 蝶のゆくへ 』 葉室麟 著 (請求記号:913.6-ハ)

「蝶として飛び立つあなた方を見守るのがわたしの役目」と語る校長巌本善治のもと、北村透谷や島崎藤村、勝海舟の義理の娘クララ・ホイットニーらが教師を務め、女子教育の向上を掲げた明治女学校。念願叶って学び舎の一員となった星りょう(後の相馬黒光)は、校長の妻で翻訳家・作家として活躍する若松賎子、従妹の佐々城信子、作家の樋口一葉、翻訳家の瀬沼夏葉をはじめ、自分らしく生きたいと願い、葛藤する新時代の女性たちと心を通わせていく―。

 

 


 

 

2019年2月1日更新!

 

おすすめ4冊 (2月上旬・新着図書より)

 

1198.22-.jpg 2210.08--51.jpg 3772.1-.jpg 4910.26-.jpg

 

 

【 哲学-キリスト教-各教派・教会史 】   『消された信仰 ―「最後のかくれキリシタン」-長崎・生月島の人々』 広野真嗣 著  (請求記号:198.22-ヒ

新世界遺産から黙殺された島があった。長崎「潜伏キリシタン関連遺産」。カトリック史の「重大タブー」に迫る!第24回小学館ノンフィクション大賞受賞作!

 

【 歴史-日本史-叢書・全集・選集 】   『それぞれの戊辰戦争 ―シリーズ藩物語;別冊』 佐藤竜一 著 (請求記号:210.08-シ-51) 

戊辰戦争の悲劇は再び繰り返されるのか!2011年3月11日―東日本大震災、続く原発事故。福島から多くの人々が転出せざるをえなくなり、苦しんでいる。140余年前の戊辰戦争の負の遺産を引き受けたのも、東の人々だった。戊辰戦争とは何だったのか?その意味を改めて問い、敗れた人々の誇り高い生き様を評価し、被災地の再興を願う。

 

3 【 芸術-演劇史・各国の演劇   『ロダンを魅了した幻の大女優マダム・ハナコ』  大野芳 著  (請求記号:772.1-オ)

明治時代、恋にやぶれて日本を旅立ったひとりの女性。女優となった彼女は一座を率いて欧米18か国を巡業、一大センセーションを巻き起こす。明治35年から大正10年に帰国するまでの約20年間、太田ひさは女優マダム・ハナコ(花子)として人気を博した。その評判はロダンの耳にも入り、花子にモデルを依頼、制作した作品は50点余り。花子に魅せられた研究者澤田助太郎氏、資延勲氏の成果をもとに、どのようにしてロダンや人々を魅了したのか、花子の波乱の人生を追う。

 

【 文学-日本文学-作家個人の伝記  】  『 枕詞はサッちゃん ―照れやな詩人、父・阪田寛夫の人生 』 内藤啓子 著 (請求記号:910.268-サ)

童謡「サッちゃん」のモデルは阿川佐和子!? 爆笑必至の“変父”論。「今日からおれをオジサンと呼べ」。離 婚して新しい妻と子供ができた時に備えた父から、ある日突然指令が下った。家族の恥部は全て創作のネタにし、本で埋め尽くされた家で「おれはダメだ」と叫んでいた父親失格のひねくれ者に、なぜあんなに優しい詩が書けたのだろう? 爆笑必至、娘が綴る「サッちゃん」の作者のハチャメチャな人生。

 

 

 


 

 

 

 

2019年1月16日更新!

 

おすすめ4冊 (1月下旬・新着図書より)

 

1210.47-.jpg 2213.7-.jpg 3686-.jpg 4721.2-.jpg

 

 

【 歴史-日本史-戦国時代 】   『戦国 戦の作法』 小和田哲男 著  (請求記号:210.47-オ

映画や大河ドラマの題材になるなど、戦国時代は今でも根強い人気を博している。その人気を後押ししているのが、信長や秀吉といった戦国ヒーローたちだが、本書で大きく取り上げているのは、彼らを下支えした足軽や農民たち。戦いに駆り出された下々の者は、どんな風に召集され、どんな武器で戦いに臨み、どんな食べ物を食べて戦場を駆け抜けたのか!? 歴史学者であり、時代考証の第一人者・小和田哲男の監修の元、リアルな戦国時代を完全イラスト化してお届けする。

 

【 歴史-日本史-神奈川県 】   『幕末横浜 オランダ商人見聞録』 C・T・アッセンデルフト・デ・コーニング著 東郷えりか 訳 (請求記号:213.7-ア) 

攘夷派の襲撃、恐ろしい台風、大火事での被災、船長殺害事件、そしてゴールドラッシュ。騒然とした当時の世相が生々しく甦る貴重な記録。異国の商人から見た幕末日本!開港後まもない横浜外国人居留地の世界。明治維新を目前に、開港直後の横浜居留地で貿易商をしていたオランダ人が、当時の日本人を驚嘆の目で生き生きと描く。

 

【 産業-鉄道   『東横全線古地図さんぽ』  坂上正一 著  (請求記号:686-サ)

今年2018年は、現在の東急電鉄の始祖にあたる「田園都市株式会社」が設立(1918年=大正7年)されて100周年。また、その後の路線網の中軸となる東横線が渋谷~横浜間で開業して90周年となる。本書では東急の歴史が始まった当時の渋谷周辺をはじめ、昭和初期、昭和30年代、昭和60年代など1世紀の沿線各地の変貌がわかる。また、大正時代、昭和初期、昭和30年代の沿線各地名所案内などで、その時代にタイムトリップ出来る。

 

【 芸術-日本画-大和絵・絵巻物 】  『絵解き 融通念仏縁起』 阿波谷俊宏 著 (請求記号:721.2-ア)

一人はみんなのために。みんなは一人のために。平安末期、開祖良忍上人が授かった「速疾往生」の手立てとは―絵巻が語る融通念仏の教えと霊験。

 

 


 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

大倉精神文化研究所附属図書館:今月の新着本紹介