港北区の歴史と文化(シリーズ わがまち港北)

第103回 武蔵野探勝 -菊名で吟行-


十日市場の相澤雅雄(あいざわまさお)さんから、高浜虚子(たかはまきょし)編『武蔵野探勝(むさしのたんしょう)』(甲鳥書林、1942年)をいただきました。この本には、菊名池の辺りで催された探勝会(句会)の記録が載せられています。港北区域の資料としては、これまでに使われたことがないようですので、相澤さんに代わって、御紹介しましょう。相澤さんは、『タウンニュース』緑区版で、間もなく100周年を迎える横浜線の歴史について連載を始めておられます。港北区では入手困難ですが、必読です。
高浜虚子と、虚子が主宰(しゅさい)した俳句雑誌『ホトトギス』の同人たちは、昭和5年から14年(1930~39年)にかけて、100回にわたり武蔵野を散策し、俳句を詠(よ)みました。『武蔵野探勝』はその成果をまとめたものです。会のメンバーが菊名池を訪れたのは、第69回、昭和11年(1936年)4月5日のことです。幹事の安田蚊杖(やすだぶんじょう)が記録を担当しています。詠まれた俳句から数えると、この日の参加者は26名、残念ながら高浜虚子は不参加だったようです。
さて、安田蚊杖は、菊名は「大きな池もあれば、木も多い、南傾斜の山を控えたところだ」(旧仮名遣いを訂正しました、以下同様)という話だけを頼りに、事前の準備もなくふらりと菊名駅に降り立ちます。
「うらゝかや 藁屋(わらや)直して 喫茶店」参加者の一人、富安風生(とみやすふうせい)の句です。菊名駅前でしょうか、調べたのですが、確認できませんでした。蚊杖(ぶんじょう)は、道を尋ねながら、菊名駅から綱島街道の旧道に沿って妙蓮寺駅(みょうれんじえき)近くの菊名池まで歩きました。菊名は、「半ば拓(ひら)けた分譲地帯」であり、「分譲地に山の切り拓(ひら)かれてゆくのが見えるのは淋しい」と感想を記しています。分譲地とは、東急が錦が丘(にしきがおか)一帯を開発していた菊名分譲地のことです。
菊名池では、ボート屋が営業していました。当時としては「一寸(ちょっと)しゃれている」風景です。「ボート漕(こ)ぐ 春のショールを かけ流し」富安風生(とみやすふうせい)はこのように詠(よ)みましたが、蚊杖(ぶんじょう)は「池の岸が桶(おけ)の縁(ふち)のようになっていたり、コンクリートの橋が歴然(れきぜん)としていたり、木らしい木とて見あたらない」様子にがっかりしています。コンクリートの橋は、完成間もない菊名橋です。東急の「沿線案内」には、「水面一万二千坪、ボート数十隻、池の周囲に遊歩道、遊園施設があります」と書かれています。ヒョウタン型をした菊名池が埋め立てられて、小さな池とプールになるのは、昭和48年(1973)のことです。ボートと菊名橋は、その時まで菊名池の名物でした。
池のほとりでは句会の会場にふさわしい建物が見あたらず、「村の青年会の幹部の思いがけぬ好意」によって、妙蓮寺(みょうれんじ)の書院を借りることになります。妙蓮寺は、「門を入るなり両側に大きな桜の並木があって、その樹下(じゅか)には床几(しょうぎ)が配して」あり、「左に方丈(ほうじょう)、右に墓所(ぼしょ)、何れも籬(かき)がくれになっていて、つき当りの小高い丘に仏殿があり、そのうしろの丘陵(きゅうりょう)には柏(かしわ)が茂り、又(また)芽のほぐれかかった雑木(ぞうき)が交叉(こうさ)して」いました。赤星水竹居(あかぼしすいちくきょ)は、寺の様子を「観音の 像ある離れ 木の芽寺(このめでら)」と詠(よ)んでいます。好天と地域の人々の厚情により、会は成功裏に終わりました。
安田蚊杖等がしたように、景色の良いところや名所旧跡へ出かけて詩歌を詠むことを「吟行(ぎんこう)」といいます。「吟行」が俳句の作句法として確立されたのは、この『武蔵野探勝』によるといわれています。文学史の画期となる出来事でした。高浜虚子等の足跡を、1984年から93年にかけて100回全てたどり直して吟行したグループがいます。野村久雄編『新武蔵野探勝』(籐椅子会、1993年)がその記録です。両著を読み比べると興味深いです。
港北区域では、菊名池の外に、小机泉谷寺(せんこくじ)にも来ています。それについてはまた別の回で御紹介しましょう。

(2007年7月号)

参加者
1.蚊杖………………安田蚊杖(幹事)(やすだぶんじょう)
2.越央子(越央子さん)……大橋越央子(おおはしえつおうし)
3.風生………………富安風生(とみやすふうせい)
4.素十(新潟の素十)……高野素十(たかのすじゅう)
5.今夜………………
6.椎花(椎花翁)……麻田椎花(あさだすいか)
7.あふひ(あふひさん)……本田あふひ(ほんだあうい)
8.水竹居(水竹居翁)……赤星水竹居(あかぼしすいちくきょ)
9.東子房…………市川東子房
10.夢香…………柏崎夢香(かしわざきむこう)
11.韮城…………遠藤韮城
12.花蓑…………鈴木花蓑(すずきはなみの)
13.五郎…………
14.つる…………
15.奈王…………片岡奈王(かたおかなおう)
16.眉峰(朝鮮の眉峰)……佐藤眉峰(さとうびほう)か
17.白山…………浅野白山
18.凡秋…………加賀谷凡秋(かがやぼんしゅう)
19.拓水…………小林拓水
20.霞人…………奥村霞人(おくむらかじん)か
21.蓬矢…………矢野蓬矢か
22.未曽二…………宇津木未曾二
23.喜太郎…………真下喜太郎(ましたきたろう)
24.除夜子…………
25.藤羽…………
26.まさを…………