閉じる

お知らせ

令和4年4月9日、当財団は創立90周年を迎えました

2022.04.09

ご挨拶 ―世のために田を耕し続けて90年―

お陰様で大倉精神文化研究所は、本日創立90周年の記念日を迎えることができました。これも偏に皆様方の厚いご支援と温かい激励の賜と、職員関係者一同深く感謝いたしております。

創立者大倉邦彦(1882~1971)は実業家でしたが、教育によって心豊かな人を育てることにより争いの無い世界を創りたいと考えて、昭和7年(1932)4月9日に、大倉精神文化研究所と附属図書館を開設いたしました。

人を育てることに終わりはありません。大倉は"斃れて尚止まぬ決心"で、計画当初から自身の死後をも見通して法人化を進めており、研究所は4年後には財団法人となりました。その後、法律の改正を受けて、平成24年(2012)に公益財団法人となり現在に至っております。

私共は、大倉邦彦が目指した設立の目的を実現するため、皆様の心を豊かにする事業を全力で推進しております。その一環として、ホームページもこの機に刷新し、デジタルアーカイブのページを新設いたしました。今後より一層の資料充実を図ってまいります。

公益財団法人として法律に定められた公益目的事業に注力するために、華美な式典などは行わず、書面でのご挨拶に留めさせていただくことにいたしました。私共は、これからもここ大倉山の地から、皆様のために活動していくことをお約束いたします。

最後に、皆様のご健勝とご発展を祈念するとともに、今後も当財団に対してご支援を賜りますようお願いして創立90周年の挨拶とさせていただきます。

令和4年(2022)4月9日

公益財団法人大倉精神文化研究所 理事長 平井 誠二

重要なお知らせの記事一覧へ