共催 公益財団法人大倉精神文化研究所・愛知大学


 
公 開 講 演 会


第17回   本講演会は終了いたしました

企業のCSRと環境会計について

 

令和元年7月6日(土)   冨増和彦(愛知大学経営学部教授、副学長)

 

近年、国際連合のテーマであるSDGs(持続可能な開発目標)に関心が高まっていますが、これは企業活動にとっては、1990年代にさかのぼる地球環境問題への対応(フロンガス対策、地球温暖化対策など)や、それに続く多種多様なCSR(企業の社会的責任)への対応と重なる課題です。今回は、会計学の視点から、企業のCSR活動をどのように測定し、評価するのか、論じてみたいと思います。

会計測定の基本である利益を中心とした財務情報と、CSRのパフォーマンスを測定する非財務情報とは、企業の中で価値を共有できる目標となり得るのか? それとも、非財務情報とは財務情報を補完するもので、あくまで資本主義社会では財務情報が優先する、つまり、財務的な目標が優先され、財務的な価値観でしか最終的には企業も評価されないのか? SDGsやCSRを考えて行くと、資本主義社会を問うことにもなります。


会場:横浜市大倉山記念館ホール


時間:午後1時30分~午後3時(開場は午後1時10分~)

大倉山講演会と時間が異なりますのでご注意ください

 
定員:40名(入場無料、予約なし当日先着順)
 


過去の公開講演会